よくある質問

※その他、ご質問はお気軽に「お問い合わせフォーム」または「メール」、「お電話」でお問い合せください。

学校に関する質問

Q:学生の男女比はどうですか?

A:ここ数年は女性6割、男性4割程度です。

  年によって異なります。

 

Q:アパートなどの斡旋はしてもらえますか?

A:長年、本校とお付き合いのある不動産業者を紹介しております。

  学園の近辺には学生向きのワンルームマンションが有ります。

  他府県の方も安心して利用することができます。

 

Q:学園近辺の平均家賃はいくら位ですか?

A:ワンルームで3~6万円程度です。

  ご入学が決まれば、近隣の不動産業者をご紹介いたします。

 

Q:年齢制限はありますか?

A:年齢の上限はありません。

  18~40歳代の方が入学しています。

  近年大学・短大を卒業した方や社会人経験のある方が

  2~3割と増加傾向にあります。

 

 Q:手先が器用でないといけませんか?

A:特別に器用でなくても大丈夫です。

  オープンキャンパスに参加されて、彫刻や技工を

  体験して実感してください。

 

Q:入試の選考方法はどうなっていますか?

A:入試には、高校推薦・自己推薦・一般があります。

  それぞれ審査方法が異なります。

  詳しくは募集要項をご覧ください。

 

Q:私は、外国人ですが受験できますか?

A:日本の高等学校を卒業した方、または外国で12年間の

  学校教育を終了し、日本の大学への入学資格を有する方

  であれば受験が出来ます。

 

Q:自動車で通学できますか?

A:基本的に自動車通学は禁止です。

  身体的な補助として自動車が必要な場合は許可します。

  公共交通機関での通学が困難と認められる場合は

  50ccの原動付バイクや自転車での通学を許可します。

 

Q:制服はありますか?または、服装は自由ですか?

A:黒のリクルートスーツでの通学が決まっています。

 

Q:奨学金制度はありますか?

A:日本学生支援機構の奨学金の貸与が受けられます。

  手続きなどの詳細は入学後に説明します。

  その他、国の教育ローンや学園の提携会社の教育ローン、

  地方自治体の奨学金が対象となっています。

  詳しくは「学費サポートのページ」をご覧ください。

歯科技工士に関する質問

Q:歯科技工士はどのくらいいるの?

A:働いているのは全国で約35000人です。

  そのうち45歳以上の人が約50%を占め、

  20歳代は26%という現状です。

  近年では1年で誕生する歯科技工士数は900人程度で、

  技工士の世代交代の中で将来絶対数が不足しています。

 

Q:コンピュータ化やAIで歯科技工士は必要なくなるのでは?

A:CAD/CAMシステムによって技工物を作る時代になりました。

  ただ、咬み合わせの微調整や歯の色を作るのは人間の技術が

  必要です。コンピュータは技工の一部を担うだけの存在です。

  さらに法律上、CADのオペレートは歯科技工士でなければ

  なりません。

 

Q:歯科技工所の実態について知りたいのですが?

A:現在歯科技工所の数は約20000件です。

  そのうち1人で営業しているところが77%もあり、

  2人でやっているところを含めると実に90%を占め、

  他業種には見られない大きな特徴が数字に現われています。

  開業時期については、資格取得から5~10年が30%、

  11~20年が30%、21~30年が20%となっています。

 

Q:歯科技工士の就業形態はどうですか?

A:就業者約35000人のうち歯科診療所が30%、歯科技工所が68%、

  残りが歯科材料メーカーや教育機関という現状です。

 

Q:全国的にみた求人状況はいかがですか?

A:全国の歯科技工士教育機関の調べによると、

  重複しての求人が予想されるので実際はここまでの差はないと

  思われますが、近年では、求人数14410人(4887件)に対して、

  就業者数(新卒者)は約900人で16倍という状況で、

  歯科技工士は明らかに売り手市場になっています。

 

Q:貴校学生には、どんな理由で歯科技工士を選んだ方が多いのですか?

A:“ものづくりが好き”“細かい作業が好き”が一番です。

  中には「大学へ4年行くより、就職が固い歯科技工士の資格を

  2年でとって、早く社会に出て稼ぎたかったから。」

  という方もいました。